お相撲・力士どっとこむ

スー女による、スー女のための、お相撲さん大好きブログ。お相撲さんのプライベートな素顔に迫ります。

未分類

千代皇の出身は沖縄?両親や家族、千代皇後援会についても!

2017/09/05

皆さん、こんにちは。
お相撲さん大好き!管理人の花です。

2017年春場所が終わって、2週間以上が過ぎました。

4月8日には夏場所のチケットの販売が開始されましたが、
販売開始からわずか1時間半で、
全日程の前売り券が完売となったそうです!

やはり横綱・稀勢の里効果でしょうか、
相撲への関心が依然として高いことが伺えますね。

さて本日は、
2017年1月場所で新入幕を果たした、
鹿児島県最南端、与論島出身の千代皇に着目してみました。

スー女の私から見た千代皇の魅力は、
なんと言っても穏やかな性格を感じさせる
とってもチャーミングなその笑顔!

すでにお気づきの方も多いのではないかと思います。^^

そこで今回は、
千代皇のプロフィールや両親、千代皇後援会について調査しました。

どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

もくじ

  1. 千代皇のプロフィール!出身は?
  2. 千代皇の四股名の由来は?
  3. 千代皇の高校時代の“両親”について
  4. 千代皇の実の両親(父親、母親)は?
  5. 千代皇後援会について          
  6. おわりに

スポンサーリンク

千代皇のプロフィール!出身は?

出典:https://ja.wikipedia.org

四股名:千代皇(ちよおう)
本名:基 王代仁(もとい みよひと)
生年月日:1991(平成3)年5月29日(25歳 ※2017年4月現在)
出身地:鹿児島県大島郡与論町
身長・体重:179cm・153kg
血液型:A型
所属:九重部屋
得意技:右四つ・寄り・吊り
現在の番付:前頭

千代皇は、1991年5月29日、
鹿児島県最南端の島である与論島に生まれました。

本名は基王代仁(もとい みよひと)という、
凛々しくカッコいいお名前です。

小中学校までは、
地元・与論町の学校へ通い、
高校は沖縄県の県立中部農林高校に入学しました。

高校で相撲部に入部し、そこから相撲を始めたそうです。

高校卒業後は
九重部屋からの勧誘を受けて、同部屋に入門。

2010年3月に初土俵を踏みました。

 

高校時代の千代皇は、主に団体戦で活躍し、
インターハイで32強、選抜大会で8強に入ったのが最高。

いわゆるエリート力士と比べれば、
さほど目を見張る成績は収めていませんでした。

しかし、
角界入り後は順調に番付を上げていき、
2013年5月場所で十両昇進。

与論島出身者で史上初の関取になりました。

その後1場所で幕下に陥落するも、すぐに十両に復帰。

ところが、ここからの期間が長く、
ぎっくり腰、両膝の怪我に悩まされた千代皇は、
なんと20場所連続して十両に留まることになります

 

3年余り十両の地位に甘んじていた千代皇。

2016年7月に先代師匠(元横綱・千代の富士)が亡くなり、
現師匠の九重親方(元大関・千代大海)から
「先代が天国から見ている」と言われて発奮。

さらに、同じ1991年生まれの千代翔馬が、
この年の秋場所で新入幕を遂げていましたから、
同部屋の関取同士の出世争いで
後れを取っているという焦りもあったのかもしれません。

千代皇は、
体幹を鍛え直すなどのトレーニングを行い、
2016年九州場所で勝ち越し。

2017年初場所でようやく、晴れて新入幕を果たしました!

ところが、2017年春場所では、
足の親指を骨折したことにより11日目から途中休場。

現在再び、本来の力強い相撲が取れず苦戦しています。

5月場所の奮起を期待したいところですね!*^^*

【2017年9月5日追記】
2017年9月場所から、千代ノ皇(ちよのおう)に改名しました。

スポンサーリンク

千代皇の四股名の由来は?

千代皇という四股名は、
シンプルながら気品を感じる、素敵な四股名ですよね。

それに本名の下の名前、
王代仁(みよひと)がくっつくと、
フルネームは千代皇王代仁

何やら王族の名前かと思うくらい仰々しくなってしまいます(笑)。

千代皇のかわいらしい笑顔や
温厚な性格と名前のギャップを感じて、
私はついおかしくなってしまいます(悪気はありません)。^^

でも、千代皇という四股名はいったい、どこから来ているのでしょう?

千代皇の四股名の由来を調べてみました。

 

千代皇は、
初めて三段目に上がった2011年初場所で、
本名の基(もとい)から改名しました。

千代皇の四股名は、
九重部屋の部屋付き親方であった
佐ノ山親方(元大関・千代大海)がつけてくれたもの。

佐ノ山親方は、
千代皇の体つきや上体の強さ、
さらに気が優しくて力持ちなところを見て、
まるで魁皇関みたいだ」と思っていたんだそう。

そして、
千代皇が所属している九重部屋は、
先代の九重親方(故横綱・千代の富士)の部屋でした。

ですから、力士、関取衆は総じて
“千代”の文字を頭に付ける習わしがあります。

そこで佐ノ山親方は、
魁皇関にちなんで“皇”の一字を取り、
九重部屋由来の“千代”をつけて、千代皇と名付けたそうです。

魁皇関のような力強い相撲をとってほしいという、
佐ノ山親方の願いも込められているんだそうですよ!

ちなみに、
2016年7月に先代九重親方が亡くなったため、
佐ノ山親方が九重を襲名し九重親方となり、
九重部屋を継承しています。

千代皇と九重親方↓

出典:http://www.jiji.com/

【2017年4月20日追記】
千代皇の四股名の由来について、
新情報が得られましたので、追記しておきます。

千代皇の四股名は、上に書いた通り、
魁皇からの連想で
佐ノ山親方(元大関千代大海)が命名したもの。

この「皇」という字は、
「王」の上に“白”星が乗っている
縁起のいい文字なんだそうですね。

それに千代皇の下のお名前は本名の「王代仁」。

ですから、フルネームだと
「王」の字が二つも入ることになります。

こうして見ると
「千代皇」という四股名には、
なかなか深い意味があったんですね!

相撲界の頂点を目指すに
ふさわしい四股名だと言えそうです。*^^*

千代皇の高校時代の“両親”について

高校からは与論島を出て、
沖縄県の県立中部農林高校に入学した千代皇。

中部農林高校相撲部の一年後輩の部員であった、
山本浩太さんの勧めにより、
千代皇は2年間の下宿生活を、浩太さんのご実家で送りました。

住み慣れた故郷を離れた千代皇を、
下宿先として快く受け入れてくれたのは、
浩太さんのご両親である、山本浩二さん・六代さんご夫妻でした。

山本さんご夫妻は、
心も体も成長する非常に多感な時期の千代皇を、
実の息子のように、大切に育んでくれたようです。

当時から千代皇は怪我が多かったそうで、
そんな時、浩二さんは「プラス思考の天才になれ」と伝え、励ましてあげました。

時には心を鬼にして、厳しいことを言うこともあったそうです。

でもそれは、
浩二さんが千代皇のことを、
自分の息子のようにかわいがっていた愛情からですよね。

 

六代さんは、
千代皇は大らかで母親思い、そして純粋な子だったと語っています。

千代皇の好物は、
アイスクリームとマカロニサラダなんだそうですが、
それが食卓に出た時の千代皇は、とっても嬉しそうな顔をしたんだそうですよ!

千代皇の愛らしい笑顔が、目に浮かぶようですね!^^

千代皇が卒業する頃には、
山本さんご一家とは、本当の家族のようになっていたそうです。

山本さんご夫妻は、
今も沖縄で、
千代皇のご活躍を見守っているということです……。

千代皇の実の両親と後援会については次のページへ!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

-未分類
-, , , ,

ページ: 1 2