お相撲・力士どっとこむ

スー女による、スー女のための、お相撲さん大好きブログ。お相撲さんのプライベートな素顔に迫ります。

未分類

千代皇はかわいいし性格が優しすぎ!所属する九重部屋が名門なの?

2017/09/05

皆さん、こんにちは。
お相撲さん大好き!管理人の花です。

2017年に入って初場所、春場所と、
相撲ファンは稀勢の里フィーバーに明け暮れました。

一介のスー女にすぎない私ですが、
久々のこの大相撲の盛り上がりは嬉しい限りです。^^

待ちに待った日本人横綱の誕生を、
我が子のことのように喜ぶ列島各地からの声援が、
盛んに稀勢の里に送られていましたね。

その期待に見事に応えるように
稀勢の里の連続優勝で幕を閉じた2017年春場所。

大相撲の未来がとても明るく感じられるのは、
楽観的な見方でしょうか。

 

さて今日も、
これからの大相撲をさらに盛り上げる
注目の力士と所属する相撲部屋を
フィーチャーしたいと思います。

今回取り上げるのは、前回に続き、
かわいい笑顔と攻めの相撲のギャップが魅力的な
25歳の千代皇です。

今回は、千代皇の所属する九重部屋や
千代皇のかわいさ、性格について調査しました。

千代皇のかわいい画像も掲載しましたので、
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね。

もくじ

  1. 千代皇のプロフィール
  2. 千代皇の所属する九重部屋について
    2.1 九重部屋の指導方針について
    2.2 千代皇、先代九重親方との一番の思い出は? 
  3. 千代皇がかわいい!【画像あり】
  4. 千代皇はかわいいけど性格は?
  5. おわりに

スポンサーリンク

千代皇のプロフィール

出典:http://tokyo-yoronkai.jp/

四股名:千代皇(ちよおう)
本名:基 王代仁(もとい みよひと)
生年月日:1991(平成3)年5月29日(25歳 ※2017年4月現在)
出身地:鹿児島県大島郡与論町
身長・体重:179cm・153kg
血液型:A型
所属:九重部屋
得意技:右四つ・寄り・吊り
現在の番付:前頭

千代皇は、1991年5月29日、
鹿児島県大島郡与論町生まれの25歳。

本名は基王代仁(もとい みよひと)といいます。

小中学校は地元、与論町の学校へ通い、
高校は沖縄県の県立中部農林高校に入学しました。

同校では相撲部に入部し、
そこで本格的に相撲を始めました。

 

千代皇の高校時代の
相撲の成績が入手できましたので、
ご参考までにここに記しておきます。

  • 高1から高3まで金沢大会(高1と高3で団体32強)、
    国体、九州大会(高2と高3で団体8強、高3で個人100kg以上級3位、個人無差別級3位)出場。
  • 高1と高3で宇佐大会出場(高3で団体8強)。
  • 高2と高3で高校総体出場(高2で団体16強、高3で団体32強、個人32強)。
  • 高2で選抜大会団体8強、個人8強

前回の記事で私は、
高校時代の千代皇のことを、
「いわゆるエリート力士と比べれば、
さほど目を見張る成績は収めていませんでした。」
と書きました。

それはその通りではあるのですが、
こうして高校時代の成績を並べてみると、
千代皇にはかなりの底力があったということを
伺うことができますね。^^

 

中部農林高校相撲部の当時の監督、
木崎智久氏に九重親方を紹介してもらい、
高校卒業後は九重部屋に入門した千代皇。

千代皇は、
「プロの方が向いていると思っていたので、
どれだけ通用するか挑戦してみたかった」
と入門の動機を語っていらっしゃいます。

そして、2010年3月、
本名の基(もとい)で初土俵。

2013年5月場所で十両に昇進し、
与論島出身者で初の関取となりました。

しかし、ここから先は怪我に悩まされ、
3年以上も十両留まり。

2017年初場所でようやく、新入幕を果たしました。

☆千代皇の詳しい経歴については、以下の記事をご参照ください。
千代皇の出身は沖縄?両親や家族、千代皇後援会についても!

【2017年9月5日追記】
2017年9月場所から、千代皇は千代ノ皇(ちよのおう)に改名しました。

スポンサーリンク

千代皇の所属する九重部屋について

九重部屋は1931年、
井筒部屋から独立して創設されました。

その後、さまざまな合併や分離独立を経て
現代の九重部屋となります。

九重部屋と聞いて
私達にも馴染みのある力士と言えば、
2016年7月に亡くなられた
先代の九重親方がとても有名ですね。

現役時の四股名は、千代の富士です。

故・先代九重親方(元横綱・千代の富士)↓

出典:https://ja.wikipedia.org

千代の富士は58代目の横綱で、
ウルフの愛称で人々に親しまれました。

その力強い取り口は圧巻で、
筋肉隆々の肉体から
相手を投げ飛ばす豪快な取り口は、
見ているファンを釘づけにしました。

その先代の九重親方が、
2016年の夏に膵臓ガンで急逝。

現在は、先代九重親方の一番弟子だった
佐ノ山親方(元大関・千代大海)が
九重の名跡を引き継ぎ、部屋を継承しています。

佐ノ山親方改め、現在の九重親方(元大関・千代大海)↓

出典:http://www.kokonoe-beya.com/

 

部屋を引き継いだ佐ノ山親方の重責は
生半可なものではありません。

それは九重部屋が、
伝統と格式のある名門の相撲部屋だから。

そういった名門部屋を継承することには、
多大な苦労やプレッシャーがのしかかります。

先代親方の元横綱・千代の富士が、
一代年寄を辞退してまで
九重の名跡にこだわったのも、
九重の名前が余りにも大きかったためだそう。

相撲界に多大な功績を残した人物に対して贈られる、一代限りの年寄名跡(年寄株)。

元横綱・千代の富士は、
一代年寄を認められていたので、
自らの名前を冠した部屋を創設することもできました。

それなのに九重部屋を継承した背景には、
偉大なお相撲さんである千代の富士でさえ、
九重の名前を消してしまうことを
躊躇したという経緯があります。

それだけ九重の名前は
重大であるということなんですね。

九重部屋↓ 名門の雰囲気が…

出典:https://ja.wikipedia.org

 

ちなみに2017年の春場所で、
心臓の手術からNHK大相撲解説に
復帰された北の富士勝昭さんは、
元横綱・千代の富士の前の九重親方です。

春場所のテレビ中継で
元気に回復されたお姿を拝見でき、
いつものような歯に衣着せぬ
ユーモラスな解説を聞けたことは、
ファンにとってはとても嬉しいことでした。^^

九重部屋の指導方針について

現在の九重部屋は、
若手が大躍進を遂げ、勢いに乗っていますね!

力士総勢14名のうち、なんと6名が関取です。
(2017年4月現在)

その名前を下にあげておきましょう。

  • 千代鳳
  • 千代大龍
  • 千代皇
  • 千代の国
  • 千代丸
  • 千代翔馬                       

どの力士も勢い爆発の若手有望株です!^^

どうして九重部屋では、こんなに多くの関取を
輩出することができたのでしょうか?

九重部屋の指導方針が知りたくなったので、
ここで少し調べてみました。

 

〈動きをビデオで客観的に見る〉

まず九重部屋では、
稽古風景を毎日ビデオに収録し、
各自が自分の映像を見て、
動きを確認するという方法を採用しています。

これについて千代皇は、
「自分では気づかない癖が、
ビデオで客観的に見るとよく分かる」と、
その効果を実感しているようでした。

〈師匠と弟子が交換ノートをしている〉

また、非常に興味深いのが、
2010年から先代九重親方が、
弟子一人一人と交換ノートを始めたということ。

あの元横綱・千代の富士と交換ノートだなんて、
もうその言葉の響きだけで、
私なんかトキメいちゃいますけど…。*^^*

この交換ノートには、
四股、テッポウ、立ち合いなど、
項目別に各自の稽古の課題を書かせて、
実際に達成できたかどうかを
自己採点させるんだそうです。

 

交換ノートの先代師匠の言葉は、
どういったことが書かれていたのでしょうか?

千代皇が言うには、
稽古では罵倒されっぱなしですが、
ノートとメールは優しい。
『これ本当に親方が書いたの?』と思うくらい
だったそうですね。^^

厳しいばかりでなく、
ほんの少しでいいから
優しい言葉をかけていただけると、
それだけでまた頑張ろうと思えますものね。

先代九重親方は、
力士たちに対して真摯に向き合い、
本当に愛情深いご指導をされていらしたんですね。

そして、
現在の九重親方(元大関・千代大海)も
この指導方法を踏襲しているようです。

厳しい稽古の後に、
優しい言葉でメールしてくれるそうですよ。^^

もしも力士になるとしたら、
九重部屋で鍛えられてみたいものですね〜。*^^*

〈現九重親方の指導方針は?〉

偉大な先代師匠が亡くなって、
九重部屋はまだ落ち着かない状況かもしれません。

しかし、現九重親方は、
部屋の関取衆が不安になることがないように
細心の注意を払っていらっしゃいます。

現九重親方は、先代が亡くなった後、
ご自身の指導方針を次のように語っています。
(カッコ内はこちらで補足しました) 

「彼ら(九重部屋の力士たち)の成長過程を僕もずっと見てますから、師匠の言ったことを、もっとわかりやすく伝えるという役割をしながら、サポートしてきたんですけど……。
もう教えるのは自分ひとりしかいない。

『先代だったらこう思ってるだろうな』と思いながら、自分の考えをアレンジし、わかりやすく、力士たちがやる気を持ってできるような稽古場作りから始めたい。

ひとりひとり、番付も考えてることも取り口も違うんで、それぞれにわかりやすく指導していければと思っています。
(先代九重親方は)素晴らしい財産を残してくれました」

引用:http://number.bunshun.jp/

部屋付き親方として、
名コーチぶりが評判だった現九重親方の
これからの手腕に期待したいところですね!*^^*

千代皇、先代九重親方との一番の思い出は?

2016年の夏、
偉大な大横綱であった先代九重親方が
61歳の若さで他界。

この大変悲しく残念な訃報を聞いて、
日本中が驚き、また落胆しました。

千代皇が、先代の九重親方との
一番の思い出と語っているのは、
何と言っても十両昇進の際に
故郷の与論島に一緒に来てくれたことだそう。

与論での凱旋パレードの様子↓

出典:http://amamishimbun.co.jp/

役場での歓迎セレモニー、凱旋パレード、
母校訪問、相撲教室などが開催され、
千代皇は、人生で一番晴れがましい日だったと語っています。

なんと、島の人たちの半数以上が
パレードを見にきてくれたそうですよ!

親方ももちろん大人気で、
嬉しそうにされていたんだそうです。

ちなみに
先代九重親方は釣りがお好きで、
与論でも釣りを楽しまれていたそうですね。^^

 

千代皇によれば、
幕内で獲得した初めての懸賞金は、
お世話になった方へあげる習わしがあるそう。

千代皇は初めての懸賞金を、
先代九重親方の御霊前へ捧げたそうですよ。

名門九重部屋に在籍するプレッシャーは
相当なものがあると思いますが、
偉大な先代師匠に負けない力強い相撲を
千代皇に期待したいと思います。^^

千代皇の性格は?かわいい画像も♡次のページへ!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

-未分類
-, ,

ページ: 1 2