お相撲・力士どっとこむ

スー女による、スー女のための、お相撲さん大好きブログ。お相撲さんのプライベートな素顔に迫ります。

未分類

稀勢の里初優勝おめでとう!2017年初場所を画像で振り返る!【後編】

2017/01/26

こんにちは、お相撲さん大好き!管理人の花です。

稀勢の里初優勝おめでとう!2017年初場所を画像で振り返る!【前編】」に続き、今回も稀勢の里の2017年大相撲初場所の全取組を、豊富な画像とともに振り返ってみることにします。

優勝が決まった時の稀勢の里のインタビューについても詳しく記しましたので、どうぞごゆっくりお楽しみくださいね。

☆千秋楽での白鵬戦の結果や、表彰式・優勝力士インタビュー、優勝パレードについては、「稀勢の里が横綱昇進!白鵬戦の結果と優勝パレードの画像も!」の記事をご覧ください。

もくじ

  1. 2017年の大相撲初場所の稀勢の里の取組まとめ!画像つき!【後編】
    P.1 初場所9日目〜11日目
    P.2 初場所12日目〜14日目
  2. 稀勢の里の優勝が決まった直後のインタビュー!

スポンサーリンク

2017年の大相撲初場所の稀勢の里の取組まとめ!画像つき!【後編】

初場所9日目

中日を折り返し、単独先頭に立った稀勢の里。

ここから上位戦が始まります。

この日の取組相手は、初場所ここまでで2勝6敗と、崩れてきている大関・琴奨菊。

二人の取組はこの日で62回目でした。

場所前の稽古を含めると、二人は同じ二所ノ関一門なので、もう何百番も胸を合わせている二人の対戦。

どちらにとっても負けられない、厳しい一番です。

稀勢の里のふるさとからの応援団が見守る中、取組開始です…

立ち合い、琴奨菊の低い当たりを受けるとすぐに腰高になってしまった稀勢の里。

琴奨菊の粘り強いがぶり寄りに抵抗できず、…

あっさり土俵を割ってしまいました。

結果は琴奨菊の完勝。

9日目にして稀勢の里に土がつき、カド番の琴奨菊は、大関としての意地を見せてくれました。

負けても、いつもの表情↓

この項出典:NHK

そして気になる横綱白鵬は、稀勢の里の弟弟子、高安との対戦。

なんと白鵬は、高安の立合いの威力に飲まれ、2敗を喫することに…!

ここまで稀勢の里は8勝1敗、白鵬は7勝2敗となり、また一段面白くなってきた波乱の9日目でした。

初場所10日目

解説席の鳴戸親方(元大関琴欧洲)が、「ここ二日間、攻めじゃなくて受けの相撲になっている」と語っていたように、稀勢の里のメンタルは大丈夫か?と、非常に気がかりな10日目でした。

☆稀勢の里のメンタルについては、以下の記事が参考になります。
稀勢の里の彼女や結婚・嫁取りは?弱い理由はやっぱりメンタル?

この日の対戦相手は大関照ノ富士。

一枚まわしから、巧みに形勢を逆転。

右上手を取り直し、最後は得意の左四つに持ち込みました。

寄り切りで稀勢の里の勝ち。

対戦後のドヤ顔にも力が入ってきた?↓

この項出典:NHK

こちらの心配をよそに、稀勢の里は、落ち着いた相撲を取れていた様子でしたね。

取組後、インタビュアーが稀勢の里に「ここからですね」と話しかけると、うんと稀勢の里は大きく頷いたんだそうです。

そうです、ご自身でも、きっとわかっているのです…。

稀勢の里は白鵬の取り組みを支度部屋で見終わってから、部屋を後にしました。

白鵬はこの日、勢に突き落としで勝利し、2敗を死守しました。

稀勢の里1敗、白鵬2敗で、初場所は後半戦へ突入です。

スポンサーリンク

初場所11日目

11日目の稀勢の里は、若手人気力士の遠藤との対戦でした。

「9日目の琴奨菊戦から相撲内容が崩れている」と、再び視聴者をやきもきさせることを言う解説席の舞の海さん。

「四つのうまさは遠藤」と舞の海さんが言うと、「力は稀勢の里」とアナウンサーがフォローしていました(笑)。

これまでの二人の取組では、遠藤が稀勢の里の左差しを封じる場面が多く、この日もそうでした。

稀勢の里の上手は遠く、遠藤が先に上手を引きます。

そして右から絶妙なタイミングの出し投げ。

稀勢の里は土俵際まで詰められますが、なんとか体を翻し、窮地をしのぐと…、

右の小手に抱えた遠藤の腕をねじ伏せ、…

遠藤の体ごと押しつぶして横転させた形となりました。

結果は、小手投げで稀勢の里の勝ち。

決まり手こそ投げ技でしたが、大関が力でねじ伏せた感は否めず、舞の海さんも言っていたように、今一つの相撲内容だったように思いました。

それでも勝った、ドヤ顔。↓

この項出典:NHK

遠藤は取組後かなり悔しそうな様子だったようで、記者の問いかけには無言で、テーピングを外しながら支度部屋に帰って行ったそうです。

舞の海さんの「遠藤のひざの故障がなければ、今日負けてますよ。」というセリフが、“舞の海特有のたられば論が出た”と、ツイッターでかなり批判を浴びていましたね。

舞の海さんは、北の富士さんとともに、「稀勢の里を横綱にする会」立ち上げたくらい、本当は稀勢の里を応援しているんです。

稀勢の里にとても期待しているからこそ、そのような過激な言葉がつい出てしまうのかもしれません。

12〜14日目と優勝決定時のインタビューは次のページへ!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

-未分類
-, , ,

ページ: 1 2