お相撲・力士どっとこむ

スー女による、スー女のための、お相撲さん大好きブログ。お相撲さんのプライベートな素顔に迫ります。

未分類

稀勢の里が横綱昇進で笑顔が変わった?彼女と結婚、嫁取りはいつ?

2017/02/12

こんにちは、お相撲さん大好き!管理人の花です。

ついに横綱昇進を果たし、第72代横綱となった稀勢の里。

1月27日に東京・明治神宮で披露された、奉納土俵入りをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

稀勢の里は、子供の頃からの憧れだったという雲竜型での土俵入りを選びましたね。

左手の先を脇腹へ当てて、右手は斜め前の下方向へ差し伸ばし、腰を割った姿勢からゆっくりせり上がるその姿は、初々しくも堂々としていて、カッコよかったですね〜!*^^*

稀勢の里(中央)の奉納土俵入り。太刀持ちに高安(左)、露払いは松鳳山(右)↓

出典:http://www.sanspo.com/

雲竜型は、初代若乃花を始め、大鵬や千代の富士、貴乃花といった、歴代の大横綱も選んだ型だそうですね。

稀勢の里は、これらの大横綱たちに少しでも近づけるように、精進したいと思っているそうですから、これからの横綱・稀勢の里のご活躍が本当に楽しみです!

そこで今回は、横綱昇進後に見られる稀勢の里の笑顔の変化や、彼女や結婚、嫁取りについても新たに調査しました。

どうぞごゆっくりお楽しみになってくださいね。

もくじ

  1. 稀勢の里のプロフィール
  2. 稀勢の里の横綱昇進後の笑顔の画像
  3. 新横綱・稀勢の里の彼女や結婚、嫁取りはいつ?
  4. おわりに

スポンサーリンク

稀勢の里のプロフィール

出典:http://www.sankei.com/

四股名:稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)
本名:萩原 寛(はぎわら ゆたか)
生年月日:昭和61年7月3日(30歳 ※2017年2月現在)
出身地:茨城県牛久市(出生地は兵庫県芦屋市)
身長・体重:187cm・175kg
血液型:B型
所属:田子ノ浦部屋
得意技:左四つ・寄り・突き
現在の番付:新横綱

☆稀勢の里の詳しいプロフィールは、「稀勢の里の彼女や結婚・嫁取りは?弱い理由はやっぱりメンタル?」をご参照ください。

稀勢の里の横綱昇進後の笑顔の画像

稀勢の里がまだ大関だった頃や、それ以前の若い頃のかわいい笑顔の画像は、「稀勢の里のかわいい笑顔の画像まとめ!結婚する嫁の理想と年収は?」ですでにまとめました。

今回は、2017年初場所で初優勝が決まってから、横綱昇進後までの稀勢の里の笑顔の画像をまとめてみたいと思います。

どんな変化が見られたでしょうか?

では、まいりますね♪

2017年初場所で、悲願の初優勝を果たした稀勢の里。

賜杯を手にして、はにかんだような笑顔を見せています。↓

出典:http://www.jiji.com/

まだ初優勝の嬉しさで、横綱昇進のことは考えていないといった表情ですね。^^

お次は、千秋楽から一夜明けた翌日の記者会見の席での笑顔です。↓

出典:http://www.tokyo-np.co.jp/

初場所での充実感や達成感が感じられる表情をしています。

会見が終わると、足を崩し、リラックスして笑顔を見せる稀勢の里。↓

出典:http://www.asahi.com/

超カワイイです♡

そして、横綱昇進伝達式が終わった後、お祝いのタイを掲げて笑顔を見せる稀勢の里。↓

この日から正式に横綱に昇進し、新横綱・稀勢の里となりました。

本当におめでとうございます!

出典:http://www.sankei.com/

だんだんこの頃から、笑顔がただかわいいだけじゃなくなり、緊張感で引き締まってきているような感じがしませんか?

出典:http://www.sankei.com/

下の画像をご覧ください。

こちらは2011年11月、今から約5年ほど前の、大関昇進伝達式後の稀勢の里です。

出典:http://www.jiji.com/

同じタイを持ち上げるのでも、その笑顔にまだ無邪気さが感じられると思いませんか。

25歳だから、若いから当然だと言ってしまえばそれまでですが…。

スポンサーリンク
 

1月28日には、稀勢の里の所属する田子ノ浦部屋がある、東京・江戸川区の小岩小学校で優勝報告会が行われました。

もともとは小岩駅前での優勝&昇進パレードが企画されていたそうなんです。

でも、3月場所での優勝をすでに目標に定めている稀勢の里の「浮かれている場合じゃない」という意向をくんで、小学校での優勝報告会の開催となったそうですよ。

すでに稀勢の里は、横綱としての十分な自覚が備わっていたんですね!

それなら笑顔が引き締まってくるのも必然といえます。

とはいえ、子供たちとの触れ合いは、心から楽しまれているような素敵な笑顔です。↓

出典:https://twitter.com/

たくさんの子供たちに囲まれて、はじける笑顔の稀勢の里。

出典:https://twitter.com/

でも私はやはり表情のどこかに、浮かれてはいられないという横綱としての責任感や重みが、にじみ出ている気がします。

 

1月27日、あるスポーツ紙に寄せられた稀勢の里の手記を読んでいると、こんなフレーズがありました。

横綱になれた実感が徐々に湧いてきた。なかなか思うようにいかない時も我慢し、腐らずやってきて本当に良かった。つらい時期を思い出すと、少し泣けてきた。

(中略)

次の目標は東の正横綱に就くこと。これこそが番付の頂点だから、そのためには春場所で優勝したい。以前に40歳まで第一線で闘うと言ったことがあるが、もちろんそのつもりだ。達成感に浸っている暇などない。

私は早熟で晩成という珍しいタイプ。不器用だけど、一つのことをやり続ける能力は高いと思う。ここからが自分の新たな土俵人生だと覚悟を決めている。

引用:https://news.biglobe.ne.jp/

稀勢の里の笑顔が今までと違うように見えたのは、やはり横綱としての覚悟が表情に表れたと考えていいのではないでしょうか。

横綱に昇進し、さらに上を目指す覚悟を持って変化を大きく遂げようとしている今、稀勢の里の笑顔が今後どんなふうに変わっていくのか、これからも注目したいと思いました。

☆横綱に昇進する前の稀勢の里のかわいい笑顔は、「稀勢の里のかわいい笑顔の画像まとめ!結婚する嫁の理想と年収は?」をご覧ください。

新横綱・稀勢の里の嫁取りはいつ?次のページへ!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

-未分類
-, , , ,

ページ: 1 2