お相撲・力士どっとこむ

スー女による、スー女のための、お相撲さん大好きブログ。お相撲さんのプライベートな素顔に迫ります。

未分類

隠岐の海の嫁と結婚、子供について!イケメン力士の年収も知りたい!

2017/09/17

こんにちは、お相撲さん大好き!管理人の花です。

いよいよ2017年大相撲秋場所が始まりましたね!

ところが今場所は、初日から休場した3横綱に続き、3日目には大関・高安と平幕の宇良も休場。幕内力士のなんと7人が休場するという異例の幕開けでした。

しかも3日目、ただ一人出場していた横綱・日馬富士は、中途半端な立ち合いで土がつき、三役以上に勝ちっ放しの力士がいないという、波乱の序盤となっています。

今場所の行く末は一体どうなってしまうんだろうと、ハラハラドキドキして仕方がありません!

この緊迫感をどうにか和らげるべく、今日はイケメン力士について書いて、癒されたいと思います。^^

そこで今回は、隠岐の海のプロフィール、結婚と嫁・子供、年収について調査しました。

どうぞごゆっくりお楽しみくださいね。

もくじ

  1. 隠岐の海のプロフィール
  2. 隠岐の海の結婚した嫁について!子供は?
  3. 隠岐の海の年収はどれくらい?
  4. おわりに

スポンサーリンク

隠岐の海のプロフィール

出典:http://hakkakubeya.com/

四股名:隠岐の海 歩(おきのうみ あゆみ)
本名:福岡 歩(ふくおか あゆみ)
生年月日:1985(昭和60)年7月29日(32歳 ※2017年9月現在)
出身地:島根県隠岐郡隠岐の島町
身長・体重:191cm・165kg
血液型:O型
所属:八角部屋
得意技:右四つ・寄り
現在の番付:前頭

隠岐の海は、1985年7月29日、島根県隠岐郡隠岐の島町生まれ。

本名は福岡 歩(ふくおか あゆみ)といいます。

島根県立隠岐水産高等学校時代に、高校総体に3年連続で出場。

2005年1月場所にて初土俵を踏みます。

2009年3月場所で新十両。

その翌年、2010年3月場所では、島根県出身力士として88年ぶりとなる幕内昇進を果たしました。

入幕後は、安定した強さで幕内に定着し、常に上位をうかがう活躍を見せてくれています。

2017年7月場所が終了した時点で、幕内成績は297勝316敗32休(43場所)。

これまでに、殊勲賞1回、敢闘賞2回、金星4個を獲得しています。

スポンサーリンク

隠岐の海の結婚した嫁について!子供は?

イケメン力士のひとりとして名高く、女性ファンの多かった隠岐の海ですが、全国の相撲女子を落胆させながらも、2014年10月にご結婚されましたね。

気になるお嫁さんは、福岡県出身で、隠岐の海より4歳年下、現在28歳になる佐々木詩子さんです。

隠岐の海と詩子さん(婚約発表の席で)↓

出典:https://twitter.com

詩子さんは、なんと、調理師免許と栄養士免許のダブルライセンスをお持ちです

中村学園女子高等学校をご卒業後、福岡市内の短大を卒業し、さらに中村調理製菓専門学校(調理師科)で調理師と栄養士の免許を取得されたのだそうです。

詩子さんは専門学校卒業後、食品会社にてキッチンスタッフとして勤務されていましたが、婚姻届を出す数日前に、勤務先を退職。

婚約会見の席で詩子さんは、隠岐の海のサポートに徹することを決意されていらっしゃいました。

隠岐の海は「おいしくて健康的な料理」で力士をサポートできる、力強い後ろ盾とも言える女性と結婚されたんですね!

詩子さんの料理の腕はかなりのものだそうで、専門学校在学時にNHK主催の「おいしい闘技場」という大会に出場し、全国大会で優勝したことがあるほどだそう。

詩子さんは隠岐の海に、どんな料理を作ってくれているんだろう…、食卓を覗きたくなってしまいますね。*^^*

 

隠岐の海と詩子さんは、どんな風に出会ったのでしょうか?

お二人のなれそめが気になったので、調べてみました!

詩子さんの父・佐々木賢雄さん(故人)は好角家だったそうで、隠岐の海の所属する八角部屋の八角親方(元横綱・北勝海)とは、八角親方が現役時代からの旧知の仲だったそうです。

ですから、八角親方は詩子さんを赤ちゃんの時から知っており、詩子さんも小さな頃から八角部屋に出入りしていたのだとか。

そういうわけで、隠岐の海と詩子さんも、隠岐の海が入門した当時から、顔見知りだったそうですね。

 

お二人が実際にお付き合するきっかけになったのは、2013年の九州場所後、隠岐の海が友人との食事の場で詩子さんに再会したことでした。

久々にお会いした詩子さんは、美しく成長されていて、隠岐の海はその姿に一目惚れしてしまったそうです。

当時の衝撃について隠岐の海は、「ググッときた」と婚約会見で振り返っておられましたね。^^

その言葉通りに、隠岐の海は詩子さんに猛アタックしたんだそうです。

 

2014年1月、2人だけの初めての食事を楽しんだ後、隠岐の海は福岡に帰宅した詩子さんに、電話で結婚を前提としたお付き合いを申し込みました。

隠岐の海が交際を申し込んだ言葉は、「最後の恋愛にしたい」。

交際申し込みの言葉が、すでにプロポーズになっていますね!

隠岐の海の、詩子さんへの強い気持ちが伺われます。

隠岐の海のまっすぐで情熱的なセリフに、詩子さんは「私も同じ気持ちなのでよろしくお願いします」とお返事されたそうです。*^^*

11月の再会からわずか2カ月で、将来への思いを共有されたお二人は、深いご縁を感じますね。

それにしてもお相撲さんは、一目惚れからの結婚というパターンが多いですね〜。^^

 

隠岐の海と詩子さんは、電話やメールでやりとりしながら、2014年3月には京都でデートするなど、順調に遠距離恋愛を続けていかれました。

そして2014年10月28日、お二人の婚約発表の記者会見が、福岡市東区馬出の大光寺で行われました。

大光寺↓

実はこのお寺は詩子さんのご実家で、詩子さんは大光寺の前住職の長女でいらっしゃいます。

詩子さんのお父さまは2007年8月にお亡くなりになっていますが、婚約会見での隠岐の海と詩子さんの幸せそうなご様子を、天国で見守っていらっしゃったかもしれませんね。^^

婚約会見の席で、隠岐の海は「彼女は空気のような存在。それは、なくてはならない存在という意味です」と詩子さんへの気持ちを嬉しそうに、しっかりと言葉にされました。

出会いから婚約まで、とにかく詩子さんにべた惚れな様子の隠岐の海に、相撲女子の皆さんは大いにガッカリされたことと思います(笑)。

でも、隠岐の海と詩子さんがお幸せそうにされているのは、ファンとしてもやっぱり嬉しいことですね!*^^*

入籍は、婚約発表の翌日の2014年10月29日。福岡市内で婚姻届を提出されたそうです。

 

交際開始からわずか9ヶ月でゴールインと、スピード婚だった隠岐の海と詩子さんの間には、やはりご縁があったんだなと感じさせる共通点があります。

それは、29という数字。

隠岐の海の誕生日は7月29日、詩子さんの誕生日は3月29日と、29という数字が共通しているんです!

隠岐の海と詩子さんの結婚までを振り返ってみても、2013年11月29日に隠岐の海が詩子さんに一目惚れし、翌年の2014年1月29日に交際申し込みかつ、プロポーズ。

29という数字にあふれていますね!

お二人も、この「29」という数字を特別に感じているそうです。

そこで、入籍は2014年10月29日に行ったとのこと。

29という数字に導かれ、そして結ばれるなんて、不思議なご縁ですね。*^^*

 

2015年6月7日、隠岐の海と詩子さんは、東京都内のホテルで挙式を行いました。

披露宴の画像を見つけましたので、どうぞご覧ください!

結婚披露宴での画像↓

出典:https://twitter.com/

詩子さん、なんてお美しい姿でしょう!

くりくりとした目でかわいらしさもあり、人をほっとさせる雰囲気もお持ちの女性ですね。

隠岐の海がお会いしてすぐに心を奪われたというのも納得です!*^^*

隠岐の海も少し照れたような笑顔…幸せがにじみ出た表情です。いいカップルですね〜!

隠岐の海と詩子さんの間に、お子さんはまだいらっしゃらないようですが、希望としては3人欲しいと考えていらっしゃるそうです。

披露宴で隠岐の海は、「ひとりはお相撲さんにしたい。子どもに頑張っている姿を見てもらいたいし、あと6年ぐらいは現役でいたい」と笑って答えていらっしゃいましたよ。

このステキなカップルが、どんなご家庭を築かれていかれるのか、これからがとっても楽しみですね☆

スポンサーリンク

隠岐の海の年収はどれくらい?

イケメン力士として人気を集めているばかりでなく、三役経験や三賞の獲得など、実も花もある隠岐の海。

気になる2017年の隠岐の海の年収を、予測で計算してみました!

⼤相撲の⼒⼠の給与は、⽇本相撲協会から⽀払われます。

⾦額が地位によって厳格に定められている⽉給に加え、ボーナスや諸⼿当、褒賞⾦、懸賞⾦などが⽀給されます。

現在開催中の2017年大相撲9月場所の隠岐の海の番付は、西前頭14枚目。

2017年の隠岐の海の成績は、3月場所での10勝を挙げての勝ち越しを除き、1月場所、5月場所、7月場所では、隠岐の海はいずれも2桁の黒星で負け越しています。

そのため、9⽉場所の成績いかんでは、十両陥落も考えられます…。

 

…が、大きく負けても必ず持ち直し、幕内でのご活躍を続けていらっしゃる隠岐の海のこと。

きっと9月場所ではいい成績を残してくれると、期待を込めて仮定して、11月場所でも隠岐の海が幕内力士(平幕)であるとすると、2017年の隠岐の海の⽉給の合計は、

130.9万円(平幕)×12ヶ月=1,570.8万円 となります。

その上、9⽉と12⽉にはそれぞれ⽉給1ヶ⽉分のボーナスが⽀給されますし、諸⼿当や褒賞⾦、懸賞⾦なども加算されます。

しかも、隠岐の海は、⾦星をこれまでに通算4個獲得しています。

⾦星⼀つにつき年収は24万円増え、それが現役中ずっと継続しますから、それだけで年間96万円の収⼊アップになります。

さらに、後援者さんからのご援助もたっぷりといただけることでしょう。

これらすべてを合計すると、隠岐の海の2017年の年収は、3000万円以上はありそうです!

 

余談ですが、隠岐の海には、「綱取りキラー」「懸賞金泥棒」という異名もあり、大物食いとしての定評があります。

2015年9月場所で横綱・白鵬を破った時には、たった一番で150万円をゲットしたこともあるとか。

もっとも、たくさん懸賞金を獲得しても、お金は全部奥さんに取られるそうですが(笑)、動じない佇まいで三役以上の力士に勝利をあげることも多いのが隠岐の海です。

今年は不振が続いていますが、今場所こそは本来の強さを発揮して、場所をわかせるご活躍を見せてほしいものですね☆

おわりに

今回は、隠岐の海のプロフィール、結婚と嫁・子供、年収についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

隠岐の海のお嫁さんの詩子さんが、とってもキレイで素敵な方だったので、驚きました!

美人でおまけにお料理も上手ときたら、力士にとっては最高の伴侶に違いありませんね。*^^*

隠岐の海はちょうど一年前、2016年の秋場所では、2横綱3大関を破るなどの大活躍を見せてくれました。

今年の隠岐の海の成績は、これまでのところ芳しくはないですが、この秋場所では、昨年のように勢いのある隠岐の海の相撲を期待したいものですね☆

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-未分類
-, , , ,