お相撲・力士どっとこむ

スー女による、スー女のための、お相撲さん大好きブログ。お相撲さんのプライベートな素顔に迫ります。

未分類

高安の毛と秋元才加が彼女で結婚するの?年収と歌も大関昇進!

2017/06/19

高安は歌がうまい!【動画】

先ほど少し触れましたが、高安はカラオケが大得意で、歌が抜群に上手なんです!思わず聞き惚れてしまう美声の持ち主ですので、高安の歌声を聞いたことがない方は、まずはぜひお聞きになってみてください。^^

以下の動画は、2017年2月、第50回NHK福祉大相撲で西田あいさんデュエットした時のもの。曲は「居酒屋」です(古い…)。

いやぁ〜、ほれぼれしてしまうような、低音のいいお声でしたね!「名前聞くほど〜」のあたりの歌い上げ方は、余裕たっぷりで遊びを聞かせていて、思わずニンマリしてしまいますねぇ。*^^*

この第50回NHK福祉大相撲では、ソロで桐谷健太さんの「海の声」も熱唱していた高安。残念ながらその動画は見つからなかったのですが、「海の声」は高安の18番のようで、ツイッターには高安の「海の声」を賞賛する声であふれていましたよ!2016年12月の沖縄・宮古島巡業でも、歓迎パーティーの席で高安は「海の声」を歌ったそうで、出席した地元の人たちを魅了したそうです。^^

 

でも、「居酒屋」は低音域だから簡単に歌えるんじゃないの〜?と、高安の歌のうまさに私ははじめ若干の疑いを持っていました。

ところが、以下のツイートを発見して、驚きました。高安は高音域も難なく歌いこなしているのです!( ̄◇ ̄;)

短い動画ですが、高安のうっとりするような美声が堪能できますので、こちらもぜひお聞きになってみてください!

恐れ入りました〜!!高安、本当に歌が上手なんだなぁとこれを聞いて確信しました!

上のツイートにもちらっと書かれているように、高安が歌う井上陽水も絶品なんだそうですね。ぜひ高安の「リバーサイドホテル」も聴いてみたいですね☆

 

井上陽水ではありませんが、2016年2月の第49回NHK福祉大相撲で、高安はサザンオールスターズの「いとしのエリー」をMay J.さんとのデュエットで熱唱しました。

高安の歌いぶりは、桑田佳祐さんにソックリで上手すぎです!こちらもよろしければご覧ください(歌は2秒頃から)。

この堂々たる高安の歌声、これはきっと相当歌い込んでいるに違いありませんね〜!^^

 

お相撲さんは歌がうまいとは、しばしば聞かれることですよね。相撲の世界を引退してから、芸能界や歌手として活動される元力士の方も、結構いらっしゃいます。

歌手デビューされている元力士では、ミリオンセラーを出した、元大関の増位山太志郎さんがもっとも有名。それ以外にも、元大関の琴風豪規さん、そして近年では元幕内力士の大至伸行さんも、歌手として活動されていらっしゃいます。

現役の力士で歌がうまいのは、高安のほかに、伊勢ノ海部屋のもよく知られていますね。力士は体が大きく、日々の稽古により下半身が安定しているため、よく響くいい声が楽に出せるんでしょうね〜。

 

相撲界屈指の歌唱力を誇り、最新のヒット曲から懐メロまで幅広いレパートリー持つ高安も、引退後に歌手デビュー!なんてことになったりするのでしょうか?

引退後の力士の既定路線としては、ちゃんこ屋さんや、相撲部屋の親方、協会に残って協会員として働く等がノーマルだと思います。でも、歌手という、相撲とは一見まったく違った異分野の世界に進出することも、もしかしたら高安にとっては、興味があることかもしれません。

いずれにしても、大関昇進したばかりである現在は、歌は余興の範囲にとどめていただき、来場所に集中していただくことにしましょう。^^相撲ファンとしては高安の相撲をまだまだもっと、見ていたいですからね!*^^*

スポンサーリンク

おわりに

5月31日、大関昇進の伝達を受け、ついに高安が大関に昇進しました。

ここでもろ手を上げて万歳!としたいところを、いったん立ち止まって思案してしまうのがスー女のサガ。素直に収束させたくない心境がムクムクと頭をもたげてきてしまいます。僭越ながら、お相撲さん大好きと自称してブログを書いている以上、「大関昇進して良かったね〜、おめでと〜♪チャンチャン」で、お終いにしたくないというのが正直な思いです。

久々の大関誕生にお祝いの言葉をたくさん送り、労いの言葉を高安に対して送るのが、ひと仕事を達成した者に贈る礼儀のような気もします。

でも、ここはあえて高安に対しては、さらに上を目指してもらい、大相撲の世界のさらなる盛り上がりの先導者になっていただきたいという願いを託したいと思います。

 

少年の頃から、何度も逃げ出してしまうほどの厳しい稽古によって鍛えられた高安。初土俵から所要73場所かけての大関昇進(史上9番目の遅さだそうです)と、苦労と試練を乗り越えてここまでたどり着きました。

そんな高安に、もっと強くなってさらに上の地位を目指してほしいと、心底から願っているからです。その願うのは、高安を応援しているファンの方なら、きっと同じではないでしょうか?

できるなら、上に存在する4横綱を根こそぎ葬り去るような強さを持った大大関になってもらいたい…。大きな希望かもしれませんが、高安ならきっとそうなれると信じて、これからも応援したいと思います。

 

胸を借り続けた兄弟子の稀勢の里のため、お世話になったご家族や応援してくれるファンのため、そして何よりも、高安ご自身がいつも言っているように、自分自身のために、持てる力の全てを土俵上で存分に発揮できるよう、「正々堂々」精進していただきたいものですね!

まるで親心のようなコメントを残してしまいました…。またおせっかいを焼いてしまいましたね。^^;

夏場所が終わった後、高安は「次は全勝優勝」と来場所の目標を話していらっしゃいました。初優勝を決めた大関・高安の姿が見られる日も近いと、今から心待ちにしています!*^^*

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

☆高安については、以下の記事もあわせてどうぞ!
高安の両親(父親、母親)と家族は?フィリピンハーフが大関昇進!

PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク

-未分類
-, , ,

ページ: 1 2 3