お相撲・力士どっとこむ

スー女による、スー女のための、お相撲さん大好きブログ。お相撲さんのプライベートな素顔に迫ります。

未分類

玉鷲の結婚した妻と子供、姉について!覚醒して強い大関候補の年収は?

2017/08/10

こんにちは、お相撲さん大好き!管理人の花です。

2017年名古屋場所も中日を過ぎ、今日で10日目。今場所、私は、ここ数場所非常に調子がいい玉鷲を応援していました。

しかし、梅雨が明けそうで明けない、スッキリしない天気の影響でしょうか、中日にな~んと連敗し4勝4敗に…。ガックシ(´;ω;`)ウッ…。

…と肩を落としていたのですが、9日目の昨日、貴景勝を圧倒する強さを見せて、白星をあげてくれましたから、梅雨明けも間近かなぁ、な〜んて、希望が見えてきたような気がしているゲンキンな私です。*^^*

さて今日も、前回に引き続き、玉鷲について書いて行こうと思います。

今回は、玉鷲のプロフィールや覚醒、姉、妻と結婚、家族と子供、年収について調査しました。

どうぞごゆっくりお楽しみくださいね。

もくじ

  1. 玉鷲のプロフィール
  2. 玉鷲は覚醒して成績上がった!強いし大関候補?
  3. 玉鷲の姉は東京大学出身?
  4. 玉鷲の妻と結婚について
  5. 玉鷲の家族と子供について
  6. 玉鷲の年収について
  7. おわりに

スポンサーリンク

玉鷲のプロフィール

出典:https://twitter.com

四股名:玉鷲 一朗(たまわし いちろう)
本名:(バトジャルガル・ムンフオリギル)
生年月日:1984(昭和59)年11月16日(32歳 ※2017年7月現在)
出身地:モンゴル・ウランバートル
身長・体重:189cm・172kg
血液型:AB型
所属:片男波部屋
得意技:押し
現在の番付:関脇

玉鷲は、1984年11月16日、モンゴル国ウランバートル市生まれの32歳です。

2004年初場所で初土俵を踏み、2008年初場所で新十両。

同年秋場所で新入幕。

以後、5回の十両陥落と再入幕を繰り返し、2013年7月場所以降は幕内に定着。

2016年九州場所から三役の地位で4場所連続勝ち越し中であり、勝ち星こそ足りないものの、今場所大勝ちすれば来場所以降の大関とりの道も開ける、立派な大関候補です。

玉鷲は覚醒して成績上がった!強いし大関候補?

2017年初場所で、玉鷲は、初土俵から所要77場所かけての新関脇に昇進。これは、史上5番目の遅さだったそうですね。

遅咲きの理由を、ご自身は、「やっとコツをつかんだから」とおっしゃっていましたが、玉鷲はどうやら相撲の取り方に覚醒したようです。

具体的にどう覚醒したかというと、上位陣に当たり負けしないよう、仕切りで手をつく位置を前にずらしたことで、前かがみの状態で踏み込めるようになり、長い腕を生かしたのどわの威力が増したのだとか。

玉鷲の右手の威力は90キロ以上あるそうですから、のどわの威力も相当なものでしょうね!^^

 

玉鷲の相撲は、何と言ってもきっぷのいい押し相撲が魅力です。

まわしを取りたがっていた時期もあったそうですが、親方は四つ相撲になると、その場でストップして立合いからやり直しさせるなど、玉鷲には徹底して突き押し相撲を叩き込んできたといいます。

そのため、四つ相撲では稽古場で幕下にも勝てないんだそうですよ!これはオドロキですね!^^

親方の的確な指導もあって、覚醒した玉鷲は、2016年九州場所では西小結の地位から10勝を挙げ、一躍大関候補に名乗り出ました。

大関昇進は、「3場所連続で三役の地位にあって、その通算の勝ち星が33勝以上」というのが目安です。

2017年5月場所では、玉鷲は10勝5敗という成績でしたから、2017年名古屋場所で大勝ちすれば、9月場所での大関とりの可能性も十分ある、立派な大関候補なんです。

ただ、玉鷲ご自身は、大関昇進に関して、「昇進は気にしない。『勝ちたい』という気持ちより『気持ち良く相撲を取る』という思いを大事にしたい」と、まったく気合が入っている様子はなく、いつものように飄々としたご様子と笑顔が印象的でした。

 

そんな玉鷲も、勝利のために心がけていることがあるそうです。

それは、白鵬を頂点とするモンゴル人コミュニティーに必要以上に入り込まないということ。そうすることにより、土俵に情が入る余地を絶っているのだそうです。

コミュニティーの会食はもちろん、毎年5月に在日モンゴル人が多く住む練馬区光が丘で行なわれる「モンゴル祭り(ハワリンバヤル)」にも顔を出さないのだとか。

とはいえ、モンゴル人力士に嫌われているかといえば、全然そんなことはなく、むしろその性格の良さから、慕われているんだそうですね。

ちなみに、モンゴル人力士はゴルフが好きで、よく仲間で集まってコースを回っているそうですが、玉鷲はほんのお付き合い程度しかやらないとか。そのため、ゴルフの腕前は、あまり上手ではないそうです。^^

スポンサーリンク

玉鷲の姉は東京大学出身?

玉鷲は、もともと母国モンゴルではホテルマンを目指していたそうで、モンゴル食料技術大学に入学し、勉強していました

しかし、東京大学大学院に留学していた姉のムンフズルさんが、玉鷲の体が大きいことから力士になることを勧め、2003年に玉鷲は初来日。

ちょうどこの頃は、モンゴル人力士が活躍していた時期なので、玉鷲も「自分もこの体格を生かして相撲で活躍できれば」と悩んでいたんだそうです。

そして、来日して姉と一緒に両国界隈をブラブラしていると、当時幕下だった鶴竜との偶然の出会いが。そして、鶴竜に旭鷲山の連絡先を教えてもらい、片男波部屋を紹介してもらったのが、玉鷲が角界入りするきっかけとなりました

この時、玉鷲は19歳。大学を中退して、片男波部屋(かたおなみべや)に入門することを決意します。

本格的にモンゴル相撲を取った経験もなく、それどころか、玉鷲にはスポーツそのものの経験もありませんでしたが、「(大きな)体はあったのでやってみたい」と、力士になる道を選ばれました。

なんの経験もなく、異国の相撲界に入る決断ができるなんて、玉鷲はよほど勇気があるか、または楽天家なのかもしれませんね。

ちなみに、玉鷲の角界入門の橋渡しをしてくれた恩人である鶴竜とは、現在も土俵外で仲良くしていらっしゃるということです。

 

さて、玉鷲に角界入りを勧めた姉のムンフズルさんは、2008年春に東大大学院の教育学部を卒業

故郷のモンゴルでは大統領府高官を務めていらっしゃるそうで、日本大学と国立モンゴル大学による地球温暖化の共同研究プロジェクトの立ち上げに関わったりしていたこともあるそうです。

こういった経歴からすると、玉鷲のお姉さんはどうやら、モンゴルではエリートなのかもしれませんね!

しかも、ムンフズルさんは、とても美人で、モデルをしていたこともあるという噂も聞かれましたから、才色兼備な方のようですよ。

ムンフズルさんは、「とてもじゃないけど、テレビで弟の相撲は緊張して見られません」と話していたことがあり、弟に対してとてもお優しそうでした。

玉鷲にはこんなステキなお姉さんがいらっしゃったんですね!*^^*

玉鷲の妻と結婚、子供について!年収は?次のページへ!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

-未分類
-, ,

ページ: 1 2