お相撲・力士どっとこむ

スー女による、スー女のための、お相撲さん大好きブログ。お相撲さんのプライベートな素顔に迫ります。

未分類

嘉風のまわしの色と稀勢の里破る成績はマニフレックスのせい?金星も?

2017/07/12

こんにちは、お相撲さん大好き!管理人の花です。

今回は、前回取り上げた豪風と同じ、尾車部屋に所属する嘉風を取り上げます。

嘉風は、2017年大相撲夏場所初日に、初場所から3場所連続優勝を狙う横綱・稀勢の里を押し出しで破り、横綱に初日から土をつけたことで話題を集めましたね。

この夏場所では2横綱・1大関を破る活躍を見せ、8勝7敗と勝ち越した嘉風は技能賞も獲得。若手が台頭してくるなか、35歳での三賞受賞は本当にお見事でした!

来る名古屋場所での番付は小結に決定し、暑い夏をさらに熱く盛り上げてくれそうな、嘉風のご活躍が今から楽しみです。^^

そんな嘉風が大躍進を始めたのは、実は数年前に、マットレスを変えてからだということをご存知でしょうか?

今回は、嘉風の愛用しているマットレス(マニフレックス)に焦点を当てて、深堀りしてみました。どうぞごゆっくりお楽しみくださいね。

もくじ

  1. 嘉風のプロフィール
  2. 嘉風とマニフレックスについて
  3. 嘉風のマニフレックスの化粧まわしについて
  4. 嘉風のまわしの色もマニフレックスのせい?
  5. おわりに

スポンサーリンク

嘉風のプロフィール

出典:http://ogurumabeya.com/

四股名:嘉風 雅継(よしかぜ まさつぐ)
本名:大西 雅継(おおにし まさつぐ)
生年月日:1982(昭和57)年3月19日(35歳 ※2017年6月現在)
出身地:大分県佐伯市
身長・体重:177cm・145kg
血液型:B型
所属:尾車部屋
得意技:突き・押し
現在の番付:小結

嘉風は、1982年3月19日、大分県佐伯市生まれ。

小学校4年生の時、巡業に訪れていた若花田(後の横綱・若乃花)に稽古をつけてもらったことをきっかけに、市の少年相撲クラブに入り、本格的に稽古を開始。

大分県立中津工業高等学校から日本体育大学武道学科を卒業しています。

日体大相撲部では3年時にアマチュア横綱に輝きますが、卒業を優先したため、幕下付け出しではなく前相撲から、2004年初場所にデビュー。

2005年名古屋場所では、初土俵から所要9場所でのスピード新十両。十両を3場所で通過し、2006年初場所では、史上2位タイ(現在は7位)で新入幕を果たしました。

これまでに、殊勲賞2回、敢闘賞4回、技能賞3回、金星6つを獲得している、技巧派の大ベテラン力士です。

趣味はイカ釣り、睡眠、パソコン、ボウリング、相撲の話とのことです。

スポンサーリンク

嘉風とマニフレックスについて

趣味に「睡眠」が入っているくらい、嘉風はもともと眠ることが好きで、眠りに興味があったそうです。でもそれは、嘉風が、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の持病を抱えているからかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群の持病のある嘉風は、鼻にマスクをつけて、ホースで空気を送り込むCPAP(シーパップ)療法が睡眠時に欠かせないのだそうです。そのため、眠りの浅い時期もあり、長い間睡眠には悩んでおられました。

ところが、2014年の初場所からマニフレックスのマットレスを使用するようになると、早速、この初場所では10勝。それ以後も、初めての三役昇進や、金星6つ、三賞を7度と、飛躍的な活躍を見せています

嘉風の戦績評をおさらいしていくと、2014年初頭からの成績がこれまでと全然違うことが一目瞭然にわかりますから、良質な睡眠を手に入れることができたお陰で、顕著に成績が向上したと言うことができそうですね。

平幕の常連で、サラリーマン力士と思えなくもなかった(ゴメンナサイ!>_<)嘉風が大変貌を遂げたのは、マニフレックスとの出合いが非常に大きかったようです。

 

ここで、マニフレックスについてご存知ない方のために、軽くご説明しておきましょう。

マニフレックスは、1962年にイタリア・フィレンツェで、元プロの自転車ロードレーサーであったジュリアーノ・マニ氏によって設立された、世界最大級の熟眠寝具ブランドです。

マットレスと枕には、独自に開発された高密度・高反発フォーム「エリオセル(R)」を使用しており、体圧分散に優れているため、身体の負担が少なく、眠ることができるのだそうです。

マニフレックスのマットレスに身体を横たえると、背中・腰・お尻にかけての背骨の自然なカーブを保ったまま身体全体を受け止め、適度な反発力でしっかりと支え上げてくれるのだとか。

理想的な睡眠姿勢といわれる、立っている時と同じ姿勢をキープすることで、快適な睡眠を得ることができるということです。

そんなに優れたマットレスなら、ぜひ一度、試してみたいものですね☆

 

嘉風がマニフレックスを知ったのは、ご自身がファンであるメジャー・リーガーの青木宣親選手が、マニフレックスを愛用していると聞きつけたことからでした。

嘉風は、本当に熟睡できたらもっと集中して、良い相撲が取れるのではないかと考え、寝具について調べていたんだそうですね。

そして実際にマニフレックスを試してみると、睡眠が劇的に改善されたそうです。

嘉風のご感想をどうぞ。

「それまで、睡眠時無呼吸症候群で器具を付けて寝ていて、布団なんて寝られりゃなんでもいいや、と思っていたんですが、このマットレスを使うようになって、本当にぐっすりと眠れるようになった。クタクタになるまで稽古をしていても、寝れば疲れが取れる。寝るのが楽しみなくらいで、『寝れば疲れが取れるんだから、もっと稽古をしても大丈夫だ!』と思えるようになったんですよね。睡眠をなめてましたよ……」

引用:http://number.bunshun.jp/

「もっと稽古しても大丈夫だ!」と思えるなんて、力士にとってはなんという強みでしょうか。

 

そして、睡眠の大切さを知った嘉風は、今ではどこへ行くにもマニフレックスの三つ折りマットレスを持参しているそうです!

名古屋・大阪・九州の地方場所はもちろんのこと、地方巡業の際も、段ボールで手作りした専用のケースに入れて、持ち歩いていたそうですよ。^^ 

先日、嘉風のブログを見たら、「magniflex」とプリントされた、スポーツバッグのような形のマニフレックスの携帯用のバッグが掲載されていたので、今はこのスタイリッシュなバッグに入れて、持ち運んでいらっしゃるのかもしれません。

下の画像は、嘉風ご愛用のマニフレックスの三つ折りマットレス「メッシュウイング」と枕「ピローグランデ」です。

出典:https://lineblog.me

ちなみに、メッシュ・ウイングの価格はシングル33,858円〜(税込)、ピローグランデ(幅70×奥行45×厚み12cm)は18,442円(税込)です。

嘉風が大絶賛するほど効果の高い寝具なので、お値段がもっと高いのかと予想していましたが、す〜っごく頑張れば手が出せそうな金額なのでホッとしました。*^^*

 

さらに嘉風は、2014年9月10日、マニフレックスのアドバイザーに就任

現在、嘉風は、マニフレックスのテレビCMやポスター、カタログ、パンフレット、WEB媒体などに登場しており、睡眠の大切さを多くの人々に伝える活動にも携わっていらっしゃいます。

ご自身が眠りで悩んでいた経験がおありですから、説得力がありますよね。何より、マニフレックスを使用して以来、うなぎ登りの嘉風の成績が、睡眠の重要性を如実に証明しています。

アスリートのパフォーマンス向上を考えた時、睡眠は必ずといって良いほど話題に上る、重要なテーマです。

しかし、これだけ変化のスピードが加速し、ストレスと競争が増してきた社会になってくると、今やアスリートに限らず、私たち一般の人々にとっても、睡眠の質を高めてコンディションを整えることを考える必要があるかもしれませんね。

最後に、マニフレックス・アドバイザーの嘉風から一言です。

「自分はマニフレックスという素晴らしい寝具に出合って相撲の質が変わった。あらゆる人たちにしっかりとした寝具で熟睡していただきたい。熟睡することこそが健康のモトであり、良い仕事ができることにつながるはず」

引用:http://www.sankei.com/

嘉風のアドバイスにしたがって、睡眠を見直してみるのも、いいかもしれませんね。

嘉風の化粧まわしとまわしの色もマニフレックスのせい?次のページへ!

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

-未分類
-,

ページ: 1 2